ルドもものんびり日記

rudomomo.exblog.jp
ブログトップ

走る時に語ること

昨年8月から10ヶ月もなんとなく走り続けています。
こんなに走ることを続けられるなんて想像出来ませんでしたね。
自分で言うから本当です。← キッパリ!

週に2,3回、月に50kmを目標に走ってます。
ランニング雑誌やネット、TV、そしてスポーツジムのインストラクターの意見を
参考に走ってます。
筋トレもランニングをするのに必要なプログラムを組んでいます。

でもね、最近ちょっと考えちゃったりすることがあるんです。
私はなんで走ることを選んだんだろう. . . . . って。
それまで全然走ってなかったのに . . . . 。
走れもしなかったのに. . . . . . 。
もちろん、目標を見つけたこともあるんですが、なぜに走ることなんだろうって。

走り出すとすごくきつくなってきて
5分走れるかな、あと1分がんばろう. . . . なんて5分ごとくらいに考えてます。
苦しいまま15分を超えると少しずつ楽(?)になってきて
30分も過ぎるとこのままずっと走れそうな気になってきます。
でも、やっぱり60分も走るときつくて . . . . . 。
(毎回60分走るわけでなく30分の日もあります。)

「走るの楽しいの?」 ってよく聞かれます。
答えられないというか、上手く伝えられないんです、言葉で。

そんな私ですが、そんな時にこの本を教えてもらいました。 

f0082855_035441.jpg
          走ることについて語るときに僕の語ること  村上春樹著


読んでいてすっごく納得することが多いんです。
というか共感できると言うか、うん、そうそうって思えることがたくさん。
もう読んでいて涙が出てくるくらいなんです。
この本でまさか泣けるとは思いませんでした。

実を言うと村上春樹の本は今までどうしてもなじめなかったんですよね。
羊男から . . . . . 最初からつまずいちゃって。
それも何度も挑戦して春樹本を読もうと思ったのですが
羊男でつまずいちゃってたから。
この本もおススメといわれても春樹だからなぁ . . . . なんて思ってたのですが
読み出すと止まらなくなっちゃって、
いつのまにかナミダボロボロ、ハラハラ。

「え?この本で泣くの~? どこに泣く要素があるの?」と言われてしまいました。
ええ、私もそう思うんですが、出るんです勝手にナミダが。

興味をもたれた方は読んでみてください。
良い本だと思います。
ただ、泣ける本ではないことは確かなようです、私以外は。

私もこの本を読んだからといって疑問がなくなったわけではないのです。
でも、靄(もや)がスーッと晴れたような気がしてます。(^0^)

さ、明日も辛いけど走るぞーー!!(^m^)
[PR]
by rudomomo-su | 2008-05-10 23:23 | 暮らし