ルドもものんびり日記

rudomomo.exblog.jp
ブログトップ

バナナブレッドとバナナブレッド

熟したバナナが冷蔵庫の野菜室の奥に寝ていました。
早く使わないと大変なことになりそうです。
で、バナナブレッドと称するものを2種類作ることにしました。
ひとつは薄力粉でケーキ風に、もうひとつはHB(ホームベーカリー)でパンです。

ひとつ目はバナナ2本を使ってます。
熟しすぎていたのか甘くて少し柔らかいケーキ風バナナブレッドの完成です。

f0082855_19291994.jpg

12cmの型を使ったので、ちょっと可愛わいく出来ました。
粉砂糖をかけたりしてお友達へのプレゼントにちょうど良いサイズです。(^m^)


そして次は新規開発のバナナブレッドです。
いつもの食パンの材料のお砂糖をメープルシロップに替えてみました。
HB(ホームベーカリー)に材料を入れ、捏ねてもらいます。
今日はチョット変った作り方をしよう企んだのですが . . . . .





f0082855_1110448.jpg


HBは材料を入れたら最後の焼き上げまでがお仕事です。
Basicコース(約4時間)
練り→予備発酵→練り→一次発酵→ガス抜き→二次発酵→ガス抜き→成形発酵→焼き

いつもは材料を入れて生地をこねるまでという設定をしてます。
Doughコース(約65分)
練り→一次発酵
それから生地を出して成形をしてオーブンで焼くというのがいつものやり方です。

でも、今日は本来のBasicコースの途中で生地を取り出し作業をし、
また元(HB)に戻し焼き上げてもらうという工程です。
一次発酵までをHBさんで。(約2時間15分くらいまで)
私に猶予される途中の作業時間は約30分です。
それを超えるとHBさんは勝手に焼き上げを始めてしまうのです。
時間勝負なのです。
でもこのやり方だと、オーブンを使わないで良いのでいろんな面で楽になります。

さて、生地を取り出したまでは良かったのですが
バナナブレッドですからバナナです。
熟しているのを使ったので、メチャクチャゆるくなった具材となってしまいました。
パン生地に挿むにはゆるすぎてダレ~となって、うまくロールが出来ません。
何回もやり直しているうちにHBさんが焼き始めてしまいました。
こうなったらもうダメです。

いそいでオーブンで使う食パンケースが登場です。
とりあえずオーブンで焼くとパンらしくなりましたが . . . . .

で、切ってみるとこんなです。
パン地はしっとりきめ細かく出来てましたが、空洞が大きいです。(T_T)

お味は砂糖を使った時より甘味が柔らかい気がしました。
あんなに面倒なダレ感があったバナナはそんなに主張しません。
もっと主張して欲しかったですが、私のヘタさが原因かもしれないので
大人しく何も言いませんが . . . . (言ってるっちゅうねん^m^)

ま、そういうことで新規開発と言いながら次回、もう一度チャレンジです。
乞うご期待アレ!


ハ~、お昼からバタバタと作り始めたのですが
部屋中にバナナの甘い香りがしてました。
途中、宅急便のお兄さんが来て「いい匂いッすね」と言ってました。(^0^)
でも、あげないもんね~~。
ももちゃんには少~~しだけカケラをあげちゃいました。
だって、ズーーーーーッと傍から離れてくれないのですもの。(^m^)
[PR]
by rudomomo-su | 2007-07-20 19:46 | パン・お菓子・料理