ルドもものんびり日記

rudomomo.exblog.jp
ブログトップ

祖母のテディベア

私には特別な「思い入れ」のあるテディベアがあります。
私のスタンダードベアの一体です。
名前はありません。
敢えて付けるのならば「おばあちゃんのくま」。
2年前に入院中の祖母のために作りました。

f0082855_1855486.jpg


祖母は若い頃から苦労の連続だったようです。
祖父が若いときになくなり、女手一本で子供を育て上げました。
亡くなるまで、子供からの援助を拒み、一人で暮らしていました。
こんな風に書くと、強い女の人になりますね。
実際はそうだったのかもしれませんが、私達からすると
とても優しくて、そして面白い人でした。

一番覚えている言葉は「嫌いなことは嫌いとハッキリ言いなさい。」という言葉。
祖母もきっとその言葉を胸に生きてきたのでしょう。

私は特に可愛がってもらいました。
だから、入院すると聞いて急いで作り、送りました。
入院中は枕の横にいつもおいてあったそうです。
お見舞いに行くと、とっても嬉しそうにしていました。
でも帰るときは、病院の玄関まで見送ってくれて
いつまでも私達を見ていた姿を忘れられません。

祖母が亡くなって、棺に一緒に入れてと私は伝えたはずなのに . . .
叔母がなぜか「もったいない」と入れなかったようです。
そして私の手元に形見分けのひとつとして、戻ってきました。
なぜか、首に巻いてあったリボンがありませんでした。
もしかするとリボンだけが、祖母と一緒に行ったのかもしれません。
(写真のリボンは、撮影のために結びました。)

そして、この「おばあちゃんのくま」は、今も私のところにあります。
[PR]
by rudomomo-su | 2006-03-08 18:07 | テディベア・手芸